東京・九段 和食さくらさくら 世界で磨かれた技術と自由な発想で創られる和の食

東京・九段 和食さくらさくら

〒102-0074
東京都千代田区九段南2-5-5イシカワビル九段1F
電話&FAX:03-5213-3939
お酒へのこだわり
東京・九段 和食 さくらさくら

お酒へのこだわり

2016.02.04 |

2016・2月愛知の酒

 

醸し人九平治
純米大吟醸酒     
萬乗醸造 名古屋市

15代目当主久野九平治氏が、高校の同級生であった佐藤彰洋杜氏と共に1997年にスタートさせた九平次シリーズが話題。
海外で日本酒の評価が高くなかった頃から、飛び込みでフランスの名だたるレストランを訪問し日本酒の素晴らしさを伝え、海外での日本酒の啓蒙活動に力を入れた。
その甲斐もあってフランス三ツ星レストランなどでもオンリストされるなど、国内以上に海外での評価が高い蔵元となった。
醸し人久平次は、熟した果実味をベースに気品・優しさ・懐かしさを体感できるお酒を目指している。

長珍  
純米吟醸・特別純米酒  
長珍酒造    津島市

創業当時、津島市では天王祭りにちなんだ提灯作りが盛んだったことから「提灯屋」としていたが、実際に提灯作りを行っていると間違えられる事が多かったため、
「いつの時代においても末長く、珍しくおいしい酒、重宝される酒でありたい」
との願いを込めて「長珍」とされた。
蔵内にある井戸から汲み上げられる水はミネラル豊富な硬水で、しっかりとして腰のある酒が生まれる。
新聞紙に包まれて熟成される新聞紙シリーズなど、珍しいユニークな新聞紙シリーズも人気。

山崎醸    奥
純米吟醸酒   特別純米酒 
山崎合資会社 西尾市

明治36年創業、西尾市幡豆の豊かな自然が育んだ水と澄んだ空気、三ヶ根山麓の良質な伏流水、そして妥協をしない職人魂による伝統の技術によってimage本物の旨さをとことん追求しています。
山崎醸はシンプルな味わい。香りは控えめ、ボディはミディアム、優しい後切れ。
奥は愛知県の新しい酒造米「夢山水」を100%使った香豊か、トローリした酒。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
九段 和食 さくらさくら
http://sakurasakura.co.jp/
住所:東京都千代田区九段南2-5-5
イシカワビル 1F
TEL & FAX:03-5213-3939
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京・九段 和食 さくらさくら