東京・九段 和食さくらさくら 世界で磨かれた技術と自由な発想で創られる和の食

東京・九段 和食さくらさくら

〒102-0074
東京都千代田区九段南2-5-5イシカワビル九段1F
電話&FAX:03-5213-3939
お酒へのこだわり
東京・九段 和食 さくらさくら

お酒へのこだわり

2015.06.05 |

【貴】と山口の美味いもんの会<酒編>

日本酒のパワーを感じた!5・14

 
晴天の5月14日土曜日、山口県宇部の永山本家酒造場の蔵元杜氏、
『永山貴博』氏にお越しいただき、『貴の会』が開催されました。
 
貴の会は、2009年に続き2回目。
雑誌DANCYUなどで特集を組まれるなどの人気酒となって帰ってきました。超満員のお客様もそれはそれは「貴の会」を待ち望んでのご参加でした。
 
今回の会、貴の酒と一緒に”頑張れ東北!!負けるな、日本酒””として、震災で被災した宮城県の酒蔵のお酒も後半にお出ししました。
 
この日用意された貴酒は、
袋吊り純米吟醸雄町(スペシャルバージョン)・純米大吟醸 山田錦・特別純米酒無濾過生原酒直汲み・特別純米酒・山廃純米雄町・山田錦。
宮城県の酒は、
日高見 希望の光(白ラベル・生バージョン)・伯楽星 特別純米酒・乾坤一 辛口特別純米酒でした。
 
前日の13日で9周年を迎えました”さくらさくら支配人中島”の感謝の挨拶のあと、貴の挨拶と「頑張ろう!東北!!」の掛け声で会はスタートしました。
 
”酒飲んで日本を明るくしよう!!”・・・・と、皆さんドンドンと酒瓶が空いていきます。
貴さんもお客さんと盃を交わし、大盛り上がりで終わってみれば、17本もの1升瓶が空となりました。
 
貴さん本人からお酒の解説を聞き、一緒に飲めるのですから、酒好きにとってはこんなに嬉しく・楽しい事はありません。皆さん、笑顔・笑顔・笑顔です。
 
 
復興の為用意した宮城の酒も皆さん興味深く飲まれました。
特に、石巻の日高見さんの震災にあって、非難や停電で40日程経ってしまってから搾られた酒「希望の光」は特に評価が高かた・・・・。
 
貴さんも希望の光を飲み、「兄さん~、全然イケてるやん~。しっかり日高見の味やん~。」と感激していました。
 
会も終りに近づき、前日お誕生日だった大石さんを、”お誕生日マンゴリ”が登場してサプライズでお祝いです。〈大石さん感激(涙〉〉
そして貴さんと”貴まい掛け”を掛けてジャンケン大会(山口のゴリさんとさくらさくらのゴリ〈コリ〉さんの共演〉で盛り上がりました。
 
最後は、いつもお世話になっている大塚さんの、2回目の乾杯?と一本〆で締めくくられました。
 
 
今回、3・11の後の酒の会。
皆さん、酒蔵を心配されていました。
今日初めて隣合わせたお客様同士も、盃を交わせばすぐに仲間に・・・・。
あーだこーだと、酒談議に花を咲かせていました。
 
いつも思うことですが、
「酒のパワーってやっぱり凄い!!」ってこと。
 
戦後の荒れた社会を、我々の先輩方が、バリバリ仕事してバリバリ酒飲んで復興させたように、今の世の中、復興の大きな力は酒が持っている!!と確信した貴の会でした。
 
尚、この日参加者の皆様からお預かりした日本酒の為の義援金¥32500円は、責任を持ってPOWER TO THE 東北!北関東!の主催の味ノマチダヤさんにお渡しいたします。
 
ありがとうございました。

東京・九段 和食 さくらさくら